読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張多めに生きてます。

泥んこで野良猫育ちマーケター、tony togoの生態。

【扇動】レスポンス広告の反響率を劇的に向上させるたったひとつの簡単な方法

煽りタイトルにも程があるってもんですよね。わかります。

 

スゴイことは簡単には手に入らない昨今ですが、私は無料で公開します。

 

情報商材系の方、秒速で稼ぐ方にフォローはされているけどフォローはしない良心的なtony togo(仮)が放つとっておきの情報であります。

 

レスポンス広告に限らず、広告の反響率は、「お池のお魚論」でしかありません。

 

ターゲットが居るお池に針を垂らす。それだけです。

 

正直、広告クリエイティブがレスポンスに及ぼす影響なんてせいぜい2倍程度の差でしかありません。よっぽどダメなクリエイティブでない限りはそんなもんです。

 

しかし、ビークル(お池)は軽く4倍以上の差をもたらします。だからこそ、商品のお客様にリーチする媒体選定(ビークル)がとても重要なのです!

 

テレビだったら売れるだろうとか、webなら売れるだろうの発想ではなくて、アナタの商品のお客様はどんな生活習慣を持って、どんな情報に接するのですか?っていうことをもっと真剣に考えれば反響率なんてスラスラ上がります。

 

インチキコンサルにクリエイティブをメタメタにかき回される前に、ビークルを見直してみて下さい。

代理店は嫌がると思いますが、ターゲットの生活動線からビークルを見直して下さい。

 

その後に、もっと簡単に反響率を鬼のように向上させるたったひとつの簡単な方法をお教えします。

 

【まとめ】

怪しくてターゲットの狭い記事をお届けいたしました。