読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張多めに生きてます。

泥んこで野良猫育ちマーケター、tony togoの生態。

40代の転職にはエージェントが役立ったお話

こんにちは、間もなく有給消化に入るtony togoです。

 ・・・そんなわけで、転職しました。

 

前職は所謂プロダクションでしたが、今回、上流工程である通販メーカーへ転職いたしました。社名は申しません。

 

さて、42歳厄年、学歴も無く、転職回数も多めの私がどうしてするっと転職出来たのか?

それは、転職エージェントの活躍に負うところが大きかったのではないかと思います。

 

フリーター→ローカルTVの演出→ネットベンチャー(倒産)→大手出版子会社→フリーランス→通販番組演出→通販番組プロデューサー→通販マーケターと、順調なのか紆余曲折なのか自分でもよく分からない職務経歴でしたので、「書類じゃ一発で落ちるな」と分析した結果、数社のエージェント登録を致しました。

 

良い転職エージェント選び、それは「直接面談できる社が絶対!」ということです。

 

私は福岡在住ですので、福岡支社が無いエージェントもありました。

例えば、通○転○さんだとか、クリ○ク・ア○ド・○バー社とか。

メールや電話でプッシュはしたものの、書類の魅力が低く全然ダメでした。

求人情報すら得られなかったり。

別にこれらのエージェントがダメだということではなく、実績や転職先への貢献ビジョンを口頭で伝える機会が無かったのが敗因だと思うのです。

 

しかしながら、面談があっても、人間が人間を紹介する訳ですから、若干の相性というか「第一印象でどんだけ前のめりになってもらうか」が大事です。

幸い、過去の実績は数字で表す事ができていましたので、「数字を作れた要因+メーカーでやるべき理由」をエージェントにプレゼンして味方に付いてもらうことに成功しました。

また、予想通り「広告代理店」への入社も進められましたがそこはきっぱりと蹴って、メーカー志望であるという意思をしっかり伝えました。

※実は、大手広告代理店は中途入社ハードルは低いです。実績があれば大体入れます。

 

結果、面談(エントリー)から2週間強で、面接、役員面接を経て内定を頂けました。

あまりにスムーズで自分でも驚きました。

 

結果オーライでしたが、通常の転職サイトやコーポレートサイトからの直接エントリーでは、まず「書類だけの判断」があるはずですので、全く上手く行かなかったと思います。

 

ということで、書面では伝わらない部分を補ってもらえる「転職エージェント」の利用は良いですよ。というお話でした。