読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張多めに生きてます。

泥んこで野良猫育ちマーケター、tony togoの生態。

【考察】いつまでも来ないiPhone6について考えるのココロ

Apple Storeアプリによりますと、「いますぐ手に入る」ような雰囲気のiPhone6。

f:id:tonytogo:20141002113706p:plain

 

私はデカイ画面のplusを予約中ですが、田舎のauショップにはいつまでたっても入荷しません。

2年前も全然来なかったことを今更ながらに思い出したので、次はApple Storeで買います。

 

さて、iPhone6発売から半月ほど経ちまして、色々な評価が聞こえて参ります。

 

曰く「デカ画面にアプリが全然対応してなくて、これじゃらくらくホンだ。」とか。

 

え?だめなの?

 

私は、超近眼かつ老眼が始まって小さい画面の文字が厳しくなってきてますからiPhone6plusのデカ画面は非常に都合が良いと思うのです。

アプリが高解像度に対応していなくて、「単にでかく見える」ってのは私には最高の使い勝手であります。

 

他にもこんな意見も見ました。

曰く「Appleの美学が感じられない、プロセッサが速くなって画面がデカくなっただけ。」

 

えーっと・・・、今までのiPhoneもそういう進化じゃなかったっけ?

そもそも「Appleの美学」っちゃなんね?あんたの会社じゃないんだから。

クソ養分は黙って金払えばいいんだよ。気に入らなきゃ買わなければいいのに。

 

私は、Androidは使い勝手が無理でした。コンテンツの囲い込みも上手いので高価なのは分かっていますけれど今のところはAppleを使い続けます。

 

昨日、SONYからのメールでXperiaの8インチタブレットに興味を持ったけれど、やっぱりAndroidだから要らないもん。今からAndroidのエコシステムに投資する気になれないっすわ。

 

ただ、iPhone6plusの5.5インチの具合が良ければ、次世代のiPadはパスになりそうです。

そのための布石としてKindleを注文して間もなく届く予定であります。

 

それにしても、待ちくたびれました。はよ入荷せんかな。