読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張多めに生きてます。

泥んこで野良猫育ちマーケター、tony togoの生態。

今更ながらで申し訳ないが、オーダーシャツ初体験なり。

ネット弁慶的にシャレオツ貴族を気取っているtony togoなのですが、今までシャツは吊るし派でありました。

 

主にバーニーズニューヨークとかブルックスブラザーズとかで購入していました。あとは、証券コード8273一部上場企業YMTWNのプライベートブランドとかをもっぱら愛用しております。(以上の表記の前半部分はウソです)

 

まぁざっくり言うと、嫁チョイスのゆめタウン(YMTWN)シャツ売り場が多かったってことであります。

 

ところで、関根さんちのお買い物はどこのモールに行くんでしょうかね?

マリちゃんはゆめタウンのCMに、お父さんのラビットさんはヨーカドーのCMに出てるわけですから。

やっぱり間とってイオンモールでしょうか?・・・考え始めると気になって眠れません。

 

さて、今更ながら不惑になりまして初めてオーダーシャツを作りに行ったというお話。

 

調べてみますと、オーダーシャツってのは意外と高くないんですな。

 

ネットでオーダーするんなら5,000円程度からあるわけでして、デフレってのも悪く無い、財務省の役人がデフレ誘導するのも分かります、ということになるのです。

 

で、私がチョイスいたしましたお店が、業界の大手「麻布テーラー」であります。ステマじゃないのでリンクはありません。

 

本来はスーツでも作りやがれってなもんで、もちろん欲しいんですけれどまずはお手頃なシャツからということで今回はシャツを二枚オーダーしました。

 

オーダーシャツが欲しかった理由はふたつ。

 

まずはピッタリなサイズ感のシャツが手に入れにくいこと。これは当たり前ですな。既成品はどこか窮屈だったり、だぶついたりしますから。

 

もうひとつは、「胸ポケット無し」が欲しいから。で、あります。

胸ポケットがあると「もっさーい」と思いません?私使わないので要らないです。シルエットもスッキリしますしね。

 

既成品は、胸ポケット有りが基本型でポケット無しはあまり無いんです。

メーカーズシャツ鎌倉で最近出てきた位だと思います。

紳士服量販店事情はそういったお店には行かないので分かりませんけれど。

 

要するに、「サイズ感ジャストで!」「胸ポケット無しがいい!」となったら、そりゃオーダーするしかなかろうもん。ってことでオーダーしました。

 

麻布テーラーのお店は、重厚感のある大人の空間です。

いつまでも10歳の少年のココロを持ち続けているtony togoにはやや敷居の高さがありますが、そこはほら、オッサンになると「空間には飲まれなくなる」のですな。第一印象は「ラクショー」でした。

 

お店の二階に上がって打合せ&採寸するわけですが、スーツの生地とか仕上がり見本が沢山置いてあると、「ああ、次回はスーツ作っちゃうな・・・」というようにすっかり洗脳されていくのです、実に心地よく。これが「空間に飲まれるってこと」なのだと思います。

 

で、今回は白と青系の二枚をオーダー。カラーもほぼ普通。胸ポケット無しという基本的な組み合わせ、ボタンホールのステッチなんかも冒険しておりません。

一緒に行った妻のほうが、ボタンのチョイスに拘ったくらいであります。

お値段はノーオプションの1枚6,930円、2枚で13,860円でした。

 

ゆめタウンの2倍から3倍位?のお値段ですが、お買い物満足度はとても高いです。

2週間後の仕上がりが楽しみであります。